交換留学について

交換留学について

交換留学についての情報は以下よりご覧いただけます。

注意:本ホームページは情報提供を目的にしていますので、詳細については毎年度発行される「交換留学の手引き」をご覧ください。

交換留学とは?

海外の大学との協定に基づいて協定校から学生を受け入れると同時に、本学の学生を学籍上「在学」の扱いで協定校に派遣する制度です。派遣学生には本学より留学援助金が助成され、留学先大学での授業料も免除されます。また、留学先大学で履修した授業科目は本学の授業科目として単位認定されます。留学手続は本学を通じて行います。

目的と事前準備

留学の目的は?

一般に「留学」と言えば、長期の留学から短期の海外研修、語学留学、ホームステイまでその形態や種類は様々です。しかし、留学には様々な条件や制約が伴うため、海外への漠然とした憧れや脱出願望、現実からの逃避が目的では留学の成功はあり得ません。本学の交換留学制度は協定校の学部または大学院で、主に専門科目の知識修得を目的とするもので、単なる語学留学とは異なります。留学を考える際にはまず、何を学ぶために留学するのか目的意識を明確にする必要があります。現在の勉学状況を踏まえ、留学先大学の情報収集と十分な下調べを行い、今後の展望や留学後の目標を明確にした上で、将来計画の中で留学へ向けての準備を進めてください。

留学費用準備

交換留学にかかる費用は?

留学生活に必要な費用は留学先の国・地域や生活環境によって異なりますが、渡航旅費、寮費、生活費などを準備しておかなければなりません。入国時または査証(ビザ)取得の際に財政証明書を求められることから分かるように、経済的に不安がないことが海外留学の必須条件となっています。
また、留学先でのアルバイトは禁止されていますので、留学前に十分な費用を準備しておくことが肝要です。なお、授業料については協定に基づいて留学先大学への納入は免除されますが、本学には通常通り納入します。また、派遣先大学附属の語学研修コースに入る場合は授業料が個人負担となる場合があります。

語学力と専門分野での知識

授業は何語?

授業は留学先の母国語で行われます。留学先では本学で専攻している分野に関連のある科目を受講することになりますので、当然、その内容を理解し、討論できるだけの語学能力と専門分野の知識が要求されます。留学先で成果を上げるためには十分な語学力と学力が必要であり、留学前から系統だった学習計画を立てて語学力の向上と知識の修得に努力してください。
留学先大学で語学能力が不足であると判断された場合には、語学研修コースに入ることになりますが、真剣に語学能力の向上を図らなければ、自分の専門分野の学部に所属できず(専門科目の履修ができず)、留学期間が語学学習だけに終わってしまう可能性もあります。そうなれば、帰国後、本学で認定される単位数が極端に少ない、もしくは全くないということになり、卒業単位数を満たさず留年せざるを得ない事態も生じます。

異文化への適応力

予備知識とタフな精神力・体力

インターネットの普及により外国との距離は一層縮まり、外国の情報は瞬時に入手できる時代です。外国の状況を自分なりに理解しているつもりでも、現実にそこに行ってみると日本とは大きく異なる生活環境があります。ほとんどの人が文化・習慣、言語の違いによるカルチャーショック体験することでしょう。これを克服して異文化に適応していくためには十分な予備知識を身につけておくとともに、異国の地での生活に耐えうる精神力と体力が必要です。

渡航準備

留学の手続き、履修の相談、保証人との話し合い

パスポートや査証申請はもちろんのこと、航空券の手配、宿舎の確認、荷物の送付、海外旅行保険の加入等、細かい準備を慎重に行いましょう。留学手続きの間、同時進行で自分自身の語学能力のレベルアップを図らなければなりません。
また所属学部事務室で履修について問題がないかどうか相談しておくと良いでしょう。もちろん保証人(父母等)とは十分に話し合い理解を得ておかねばなりません。